FC2ブログ

新必殺仕置人


 偶然か意図的かは不明ながら、急速に「中村主水」化の進む感じのヒルクルスもあってか、久しぶりに自己再燃中の「必殺シリーズ」。


 なかでも最高傑作の声が高いのがこの作品で、その秘密はなんといっても名優・山崎務の演じる「念仏の鉄」。

 主水初登場の旧『仕置人』以来の再登場であるも、いかにも怪物的だった以前と違い、今回は独特の余裕を感じさせる、一種の遊戯性を身に付けた存在に昇華されており、この辺りの関係はまさに新旧二作の間の『ルパン三世』をも思わせる。


 特にその象徴と言えるのが、今回の講談社の必殺DVDシリーズに収録されている「男狩無用」。

 まさにこの時期の鉄ならではの作品であり、同じ脚本による旧『仕置人』の「利用する奴される奴」との比較をお勧めしたいが、最後に仕置の相手となる「千姫御殿」の連中への感情移入ぶりがとにかく凄い。

 全くの同情が無いわけではないだろうが、どこかで完全に障壁を下している描写が凄いところで、特に処女の腰元をオトシながら、その「行為」の最中に「豆を食ってる」という場面などは最たる物。

 またラストシーンも完璧で、当初の脚本の予定を変更したとされる、最後のドンデン返しぶりは強烈で、ある意味では伝説の最終回の最高の伏線と言っても過言でない。


 そしてそうした鉄を最高に光らせるのは、やはり相方である主水の存在。

 クレジットの順と逆に、どちらかといえばより主役的だった、旧『仕置人』の時と違い、主役回以外の主水は、むしろ鉄のサポート役という感じが強く、その「十手」の威力をはじめ、随所で見せる好フォローぶりが素晴らしい。

 そして奉行所務めの主水に対し、表の世界では「自由」でありつつも、裏の世界では「寅の会」という「掟」に縛られる鉄に対し、その存在を知られていない主水は「自由」の位置にあるという、この逆転図式も本作の注目点であり、これもまた最終回を大いに盛り上げている。


 『ハーレムジェネラル』において初めて顔を合わせた、ヒルクルスとリュシアンの関係が今後どうなるかは不明であるが、とにかくこれに匹敵するだけの可能性を持つも確かであるだけに、まさにそちらも注目と。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

JINHOSIO

Author:JINHOSIO
 竹内けん先生の神聖帝国興隆記(含むハーレムシリーズ)の各種紹介考察並びに作品の普及振興を目的としたブログです。
 自分個人の思考と嗜好を説明する意味で、様々な他ジャンル作品も紹介していますが、どうかそちらもよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア